top of page
検索

近日発売 極CXビジトート その2

さてさて今週投稿させていただいたプレクトラムトート(本日追記あり)ですが、普通とは少々異なる拘りポイントがあるのでご紹介させて頂きます。

※初回生産分でオーダー頂く方に関しては、

これらの仕様を通常にする事も可能ですのでお声がけ下さい。


それでは行きます!


変っているところ其の壱

【ファスナーの向きが逆さま】


一般的なトートは正面を向いている状態で

→方向に開くようになっています。


しかしトートの顔が自分の方を向いているシーンって違和感がありませんか?

確かにお店に並んでる時なんかはその方が使えそうなんです。

でも例えばこんな時

魅せる男としてはこうしたくないですか?

ならファスナーは←こっち向きが正解ですよね


他にも例えば

こんな時も。

こっちからじゃないと開けれないです。

じゃあやっぱり←向きが正解じゃないのか?

と私達は考えました。


変っているところ其の弐

【インナーポケットが外側】


矛盾したことを言っているみたいになってしまいましたが外側と言うのは正面の革という意味です。


直接縫い付けたりする場合

正面ではデザイン的に良くありませんし、

本体にポケットをつけるということは重さがそこにかかると言う事なので

正面の革がよれたりするのも美しくないので

この手法を使う職人は少ないと思います。ですが

外側にあることで目線、いわゆるゴールデンゾーンになり、視認性が格段に良いんです。

もちろん取り出しやすさも、こちらの方が圧倒的に上です。


そして前述したヨレなどを極力防ぐよう試行錯誤した結果がコチラ

ホック脱着式です。


負荷のかかるところは前面デザインの真裏に配置することでステッチにより強度を向上、力を集約化致しました。


それに脱着式って、別にどうというわけではありませんが、男心くすぐりませんか?(^^)



というわけで今回は変っているところ2点、ご紹介させて頂きました。


初回生産分オーダーに関しては

おそらく今月25日くらいまでで締め切らせて頂きますのでお早めのご連絡をお待ちしております( ^)o(^ )

閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page